2度目のデートは大切なスタートライン

2017-10-16

こんにちは!

今年の秋はアイスを食べまくっている西川です。

毎晩、食後のアイスが欠かせません。

冷凍庫にかなりの量がストックされています。

最近食べて美味しかったのは、ハーゲンダッツのキャラメルヴァニーユです。

キャラメルのなめらかさと、バニラの濃厚な味わいが絶妙にマッチしていて

ハーゲンダッツならではの高級感が感じられます。

期間限定なので気になる方は早めにチェックしてみてください。

 

 

デートは2度目が正念場!

 

結婚相談所でのお見合いが成立して2度目のデートまで進んだ皆さん!

今後のお二人の関係を左右しかねない重要な時間を迎えたわけですね。

 

最初のデートから打ち解けて仲良くなるカップルはそれほど多くありません。

お見合いの席の延長という意味合いを持って臨む方もいらっしゃることでしょう。

お互いを探ることを重視して、いわゆる「様子見」の状態のまま1度目のデート

が終わるのも珍しいことではないのです。

相手の方のキャラクターや価値観という部分まで踏み込むようなお話をするこ

とは難しいことと思います。

 

そういう観点でいえば、2度目のデートが結婚を前提としたお付き合いに発展す

るかどうかのポイントになるわけです。

気持ちにある程度の余裕を持ってデートに臨めるので、本格的にお相手がどん

な方なのか、一緒にいてどう感じるのかお互いに判断する時間にしたいですよね。

 

 

2度目のデートまでにやるべきこと

 

 

2度目のデートの日程が決まったからといって、ドキドキソワソワしているばか

りではいけません。

ようやく本格的な結婚へのスタートラインに立とうとしている段階です。

ここでつまづいて後悔したくないですよね。

デートの成功確率を上げるためにできる準備をしていきましょう。

準備とは初デートの振り返り。

振り返りと言っても、ご自身の反省の為の時間ではありません。

お相手の情報をおさらいしてみるのです。

反省も大事ですが、次のデートを少しでも盛り上げることに意識を向けましょう。

 

あなたは最初のデートでどれほどの情報をお相手の方から引き出すことができ

たでしょうか?

緊張していたのでどんな話をしたのかほとんど覚えていない・・・という方も

いらっしゃるでしょうが、思い出せることをできるだけ多く紙に書き出してみ

てください。

書き出せる情報が多ければ、あなたがそれだけ冷静に話を聞けていたというこ

とになります。

2度目のデートでもその調子で、書き出した情報を基に様々な視点からアプロー

チしてみてください。

もし、あまり書き出せなかったとしても心配はいりません。

大切なのは、得られた情報から相手の価値観や人生観を知ることができるよう

に掘り下げられるかどうか。

 

その方法として有効なのは、次のデート当日までにお相手の好きなことを体験

しておくことです。

好きな映画を観てみる、好きな音楽を聞いてみる、好きなお酒を飲んでみる。

 

デートの時に、シンプルな言葉で構わないのであなたの感想を伝えてあげる

と、興味を持って相手のことを知ろうとしている前向きな態度が伝わり好感を

得られます。

体験する時間がない場合は関連する情報を仕入れて、話題を広げる質問ができ

る状態でデートに臨むことが好ましいでしょう。

 

 

デート当日に気をつけること

 

☆相手の話をじっくり聞く

 

初デートは誰でも緊張するものです。

相手の方も緊張していたはずなので、自分のことをどこまで話したか、どんな

内容の話をしたのか細かく覚えていない可能性があります。

「この話、前回のデートでも聞いたな」と思っても、表情に出さず最後まで聞

いてあげてください。

リアクションも忘れずに。

 

女性だけでなく、男性も一緒にいると居心地がいいと思えるのは自分の話を

しっかり聞いてくれる人です。

聞き上手なところをアピールして次のデートにつなげましょう。

 

☆言葉遣いや礼儀を意識する

 

デートが2度目となると、素の自分が出る瞬間もあるかもしれません。

お話をしているうちに気を緩めることができる相手だとわかってきても、言葉

遣いや礼儀は忘れないようにしてください。

まだお付き合いが始まったわけではありません。

謙虚な態度は忘れず、あまりにも自分をさらけ出すような言動や行動は慎みま

しょう。

 

☆結婚の話は極力しない

 

結婚願望を持った者同士がデートを重ねているのはお互いに分かっていること。

だからといって、結婚の話に終始するようなデートでは楽しくありません。

具体的な話をしたい気持ちはわかりますが、今はお互いのことを知る段階です。

焦ってご自身の気持ちをぶつけるような発言は極力控えてください。

「〇〇歳までには結婚したい」とか

「〇〇年後には子供が2人いるのが理想」などの発言は相手の方にプレッシャー

を与えることになりかねません。

 

自然な会話の流れで結婚の話になってお互いの意見が一致するような場合は、

より具体的な話をして交際へのきっかけになることもありますが、先走りしす

ぎないような注意が必要です。

 

 

3度目のデートを決めるには

 

無事に2度目のデートも終わりに近づき、また会いたいと思ったらその気持ちを

言葉にして伝えましょう。

自分だけそう思っているのではないかと気持ちを伝えることをためらってしま

う方もいらっしゃいますが、相手の方から言ってくれないかと先方が待ってい

る場合もあります。

断られることを怖がらずに自分の気持ちに素直になるのが一番です。

 

どうしても恥ずかしくて一緒にいるときには言えないという場合は、解散して

すぐにメールかラインをしてください。

「楽しかった」「また会いたい」と伝えないと、次はないのだと誤解を招くこ

とになりかねません。

 

 

まとめ

 

婚活デートで大切なのは楽しむこと。

楽しい時間を過ごす中で、結婚相手としての優しさや気遣いを感じられるかど

うかが重要です。

あなたといると楽しい、居心地がいいと思ってもらえるように受け身ではなく

気持ちを表現する態度や言葉も必要だと覚えておいてください。

 

 

結婚相談所ワンポイント

良縁アドバイザー 西川 裕二